リアル&エア柴又100Kレポ【後編】

雨の中を淡々とキロ530前後で進んでいると、背後から

「ぬまっちさん!」

と声が掛かる。

トガーさん

モザイク顔のトガーさん

トガーさんはBブロックスタートなので自分の10分後にスタートしているのだが、自分がスタートしてから1時間10分ちょい、距離にして12~13kmくらいで追いついてきた。

トガーさんはご自分のブログでキロ5くらいで走るとおっしゃっていたので、キロ530で走る自分は必ず追いつかれるのは分かっていたが、それにしても追いつくのが早くないか?

実は事前に旅人算でトガーさんに追いつかれる時間と距離を計算しており、自分のスタート後からだいたい1時間40分後、距離にして18km付近で抜かれるものと思っていた。

なので横に並んだトガーさんに思わず

「速いですね。ここまでペースはどのくらいですか?」

と聞くと

「キロ4分56くらいですかね~」

と言い残して颯爽と走り去っていった。

トガーさんに抜かれる

その後も雨の中をキロ530前後で淡々と進み、第10給水所(25.1km)で2回目のトイレ。

このあたりから天気が回復して日差しが強くなり暑くなってきた。

その後は給水所を通過するたびに頭や首筋に水を掛けながら、淡々とキロ530前後で。

しかし45kmを過ぎてから突然脚が重くなり、キロ530を維持できなくなる。

ペースはどんどん落ち始め、ガーミンの50kmのラップはキロ641。

折り返してきたトガーさんにスライドで声を掛けた時は、顔は笑っていたが裏腹に気持ちは折れ気味。

ほうほうのていで折り返しの第20給水所に到着すると、ドロップバッグを受け取り、Tシャツを着替え、エイドのうどんやスイカを食べる。

うどんを食べながら、あと残り50kmをキツイ思いをして戻るのかと思ったらげんなりしてしまい、思わずツイート。

うどんツイート

その後トイレを済ませ渋々コースに戻ろうとしたら、貼り紙のついたカラーコーンが目に入る。

その貼り紙には

「↑収容バス」

ここで一気に気持ちが傾き、収容バスに乗るかどうかしばし迷う。

そして近くにいたスタッフの方に質問する。

ぬ「次の収容バスはどこから乗れるんですか?」

ス「10キロちょっと先の杉戸の救護所ですね。」

この調子で50km走るのはイメージできないが、10キロくらいなら何とか歩いても行けそう。

この時点で自分の腹はほぼ決まった。

とりあえず60km走ってDNFだ。

60km走ればエア柴又60kmの部を完走したと言えるかもしれないし。

意を決して先に進む。

ペースはキロ7オーバー。

途中のダート道がつらい。

どんどん抜かれる。

気持ちがバキバキ折れる。

そして60kmを通過し、杉戸の救護所近くのエイドに到着。

おにぎりや梅干しを食べ、スタッフにDNFを申し出ようとしたが、腹は決まっていたにも関わらずしばし躊躇。

結局2~3分迷った末にスタッフにDNFを申し出て、ガーミンを止め、救護所へ向かう。

救護所でチップをはずしてスタッフに渡し、収容バスが来るまでしばらく時間があるので、スマホで速報を上げる。

そしてやって来た収容バス。

収容バス

収容バスには折り返し地点から乗ってきた同志がおり、杉戸のエイドでほぼ満員。

そして一気に柴又までワープ。

柴又でバスを降りると、背後から声が掛かる。

エア柴又にもエントリーされていたまっつんさんだ。

まっつんさんは内臓をやられてDNFとのこと。

しばし雑談を交わした後、まっつんさんと別れてフィニッシュゲートに行くと、ちょうどトガーさんがゴール。

サブ9、素晴らしすぎ。

トガーさんに祝福の意を伝えた後は、さっさと着替え、さっさと家路に。

そして帰りの電車の中でひと息。

柴又帰りの電車内


おしまい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

苦みを知ってるオトコだからこそ。

No title

お疲れさまでした。

帰りのバスが土手沿いを通った時にぬまっちさんがずっとランナーを見ていたのが切なそうでした。その状況で声をかけるのもKYですが。

腹が決まっていてもDNFは躊躇しますよね。頑張ろうと思っても体が付いていかないというのを初めて味わいました。

No title

制限時間に引っ掛かるのとは違うから余計悔しいですよね。自分もチャレ富士で経験しました。でもこの体験が必ず心を強くさせてくれますから!!

Re: ワタナベさま

ありがとうございます。
ぜひ今度苦みについて語り合いましょう。

Re: まっつんさま

まっつんさんもお疲れ様でした。
バスの中の様子もご覧になられていたのですね。
確かに土手を走っているランナーを羨ましげに眺めていましたが、自分は同じ場所を走るレベルではなかったことをまざまざと感じた場面でもありました。
もしまた別の場所で〇ぬTを見かけたら、声を掛けて下さい!

Re: マーマンさま

ありがとうございます。
今回のDNFを必ず糧にして次に繋げることができればと思います!

No title

柴又お疲れ様でした。100キロは厳しいですね。
次回は、万全の備えでリベンジウルトラといきましょう。

Re: フジヤマさま

当日は現地での応援ありがとうございました。
100km完走はできませんでしたが、これもひとつの経験として次に繋げることができればと思います。
ウルトラリベンジは…正直今はあまり考えられません(笑)
プロフィール

ぬまっち

Author:ぬまっち
1973年早生まれ♂
AB型 横浜市在住
走り終わった後に飲むことを常に考えながら走ってます。ランニングがメインですが、たまにロードバイクにも乗ってます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
自己ベスト

【フル】

2:55:47(2016別大)

【ハーフ】

1:22:21(2015足立)

【10km】

40:03(2013横浜)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jog Note
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング