とある失速系ランナーの憧れ

自分のフルマラソンの走り方は前半突っ込んで後半はとにかく粘るタイプ。

ここ2シーズンのフルの前半と後半の比較をしてみるとこんな感じ。

前半と後半の比較

最近巷で流行している言葉を借りるならば「失速系」だ。

去年5月、今シーズンのテーマとして「ネガティブに行こう」を掲げ、8月の道マラでネガティブスプリットを試そうとしたがまったくの不発。

前半はキロ425で行き後半少しずつ上げて3時間5分を切るというレースプランに対して、実際の前半ハーフは1時間31分33秒(キロ420)で30km以降は失速し3時間7分28秒。

思い返してみると、スタート直後に周囲のペースに流されてしまってなかなかペースを抑えられず、結局行けるところまで行っちゃえといういつものパターン。

そんなことで今シーズンのネガティブキャンペーンは早々に中止し、その後のレースは今までどおりの前半突込み型に戻したが、依然としてネガティブへの憧れは強い。

前半抑えて後半上げる。

言うのは非常に簡単だが、前半抑えることって非常に勇気がいることだと思う。

「前半抑えたのに30km過ぎたら例の壁がやってくるんじゃないか?」

とか

「前半抑え過ぎて、最終的にすべてを出し切れないんじゃないか?」

って考えてしまうとつい尻込みして突っ込んでしまう。
(尻込みして突っ込むとう表現、なんか変(笑))

でもいつかはやってみたいネガティブスプリット。

きっと出来たら気持ちいいだろうなあ。

来シーズン、もし東京マラソンにでも当たったらダメ元でやってみようかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆっくり入れば、後半飛ばせると思いますが、結局
後半に失速してしまいます(>_<)

レース展開は難しいですね。

No title

後半ペースアップはぬまっちさんのおっしゃる通り、確かに30kmまでの走り方に勇気が必要な気がします。
思うに、ネガティブな走り方って前半突っ込みよりもスタミナが必要なんじゃないかなって最近思ったりしているのですが、どうなんでしょうね。。。

それとアップされてる表ですが、とてもイイですね♪
失速率というのはどのように算出するのでしょうか?

私が出し切っていないだけかも知れませんが、ネガティブスプリットだと完走後のダメージが小さい気がします。対失速レース比。
30km以降にペースを上げられると抜く一方の展開になるからかも知れません。

Re: ひでちさま

レースでのペースマネジメントは本当に難しいですね。
何度走っても思い通りにいかないです。
後半上げられないというのは、結局前半飛ばし過ぎということなんでしょうね。

Re: Hiroさま

前半抑えるのはやはり勇気が必要ですよね。
(自分はまだやれたことがないですが…)
同じ距離を同じタイムで同じ条件で走るのなら、理屈的にはネガでもポジでもカロリー消費量は同じはずですが、どうなんでしょうね。
失速率は(後半÷前半-1)×100で出してます♪

Re: たのくるさま

自分はネガティブで走れたことはないですが、一昨年の道マラがほぼイーブンで、それでも終盤は抜きまくりでした。
終盤で他のランナーを一方的に抜く展開になると、走っていて気持ちいいですよね。
脳内麻薬が体へのダメージを抑えてくれるんでしょうかね?
プロフィール

ぬまっち

Author:ぬまっち
1973年早生まれ♂
AB型 横浜市在住
走り終わった後に飲むことを常に考えながら走ってます。ランニングがメインですが、たまにロードバイクにも乗ってます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
自己ベスト

【フル】

2:55:47(2016別大)

【ハーフ】

1:22:21(2015足立)

【10km】

40:03(2013横浜)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jog Note
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング