キツいけど峠はいいなぁ〜裏ヤビツ走行会

【5/7の練習】
マイコース10.3km 55′01″ 5′21″/km

今朝は久々に出勤前の朝練。
昨日は長距離自転車で走ったので、全身が重だるく脚が張っていたが、走ってみたら思いのほか身体が動いた。

*****

昨日は師匠との走行会で裏ヤビツを走ってきた。

ヤビツに行くと言った場合、秦野のR246の名古木の交差点から峠までの約12kmが一般的。

我々の走行会前日には、こちらで熾烈な駆け引きが繰り広げられたとか、は措く。

ちなみに名古木は「ながぬき」と読む。
普通は読めない。

裏ヤビツは反対側の宮ヶ瀬湖から峠まで約18キロ。
表と比べると傾斜が比較的緩やかで、のんびり登ることができる。

師匠との待ち合わせは赤レンガ倉庫に朝8時。

ちょっと早めに着いたので写真をパチパチ。

赤レンガ
単に新しいデジカメのリモート撮影機能を使ってみたかっただけです、ハイ。

走行ルート、距離などはこんな感じ。

裏ヤビツルート


磯子(自宅)〜赤レンガ倉庫〜境川CR〜橋本〜津久井湖〜宮ヶ瀬湖〜ヤビツ峠〜秦野〜平塚〜逗子〜磯子(自宅)

裏ヤビツはこんな感じの道を登っていく。

裏ヤビツ1

裏ヤビツ2

峠の手前には護摩屋敷の水。

護摩屋敷の水

ここまで師匠に千切られてほうほうの体で登ってきたが、この水で生き返る。

ヤビツ峠はまったく眺望がないので今回はスルーし、秦野側にちょっと下ったところの菜の花台の展望台へ。

菜の花台

この後蓑毛の先から脇道に入ったところの蕎麦屋で蕎麦食べて、帰路へ。

夕方近くになったら風が強くなってきたが、幸いにも追い風で助かった。

*****

休憩時に師匠のニューバイクにちょっと乗せてもらったが、自分バイクとは雲泥の差。

手に持った重さも軽いが、漕ぎ出しが気持ち悪いくらいスーッと進む。

自分もこんなバイクで坂を登ってみたいなぁ。

でもなかなかニューマシンには手が出せないので、まずは自分の体を軽量化して師匠に千切られないようにしたい。

でもいいなぁ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬまっち

Author:ぬまっち
1973年早生まれ♂
AB型 横浜市在住
走り終わった後に飲むことを常に考えながら走ってます。ランニングがメインですが、たまにロードバイクにも乗ってます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
自己ベスト

【フル】

2:55:47(2016別大)

【ハーフ】

1:22:21(2015足立)

【10km】

40:03(2013横浜)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jog Note
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング